不思議の音楽館

アクセスカウンタ

zoom RSS ベスト盤をつくろう(13)

<<   作成日時 : 2005/12/12 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ホワイト・アルバム」

 前作のアルバムジャケットとはうって変わって極限までシンプルに徹した真っ白なジャケットに通しのナンバリングのみ。それゆえに正式タイトルは「ザ・ビートルズ」ですが通称「ホワイト・アルバム」と呼ばれています。もっともこちらのほうが今では有名になってしまいましたね。

 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のアルバムジャケットがサウンドコラージュ的な非常に凝った複雑な音の中身を視覚で表現していたとするなら「ホワイト・アルバム」は自然な透明感あふれるサウンドになっているかと思いきや全然そんなわけではありません。

 発売当初の評判は色々な作風の楽曲が大量かつごちゃ混ぜに詰め込まれていて統一感がなく、更に前作が史上初のトータル・コンセプト・アルバムとして高い評価を得ていただけに芳しいものではありませんでした。

 現在では「サージェント」のトータルコンセプト神話の部分崩壊もあって「ホワイト・アルバム」の評価は大変高いものになっています。雑誌のコメントなどを読んでいるとこのアルバムを「リボルヴァー」、「アビー・ロード」と並んで最高傑作に挙げている人も多いようです。

 私の感想はといいますと多少「現在の評価」よりでは有るものの概ね発売当初の世間の反応どうりが妥当なところではないかと思います。傑作ではあるが最高傑作と推すほどではないといったところでしょうか。素晴らしい楽曲が多く収録されていることは間違いありませんが散漫な印象は否めないのでそう感じてしまいます。

 ちょうどジョン・レノンの命日がこの1週間にありましたのでテレビや雑誌、それからインターネットでもレノンやビートルズの業績についてコメントがでていました。そのなかに「すべての音楽はビートルズに流れ込みそこから再び流れ出す」ようなことが書かれていました。

 たしかにそれはビートルズがなし得た偉大な業績の1つであることは否定できません。あらゆる音楽を取り込みつつ一方で新しい流れを創造していった事実はこの「ホワイト・アルバム」によって具現化されています。それがこのアルバムの評価を高めている要因の1つだとは思いますが・・・

 ビートルズは「サージェント」の完成後、強力なリーダーというか保護者のようなマネージャーであるブライアン・エプスタイン氏を失っていました。このことが4人の結束力を弱めアルバムに方向性が感じられない原因と考えられます。

 更にいえば当時はすでにライブ活動を停止していたことも大きかったとも思えます。レコーディングでは各自が曲を持ちあいメンバーと録音、あるいは数名で多重録音をするといった録音技術の向上で仕事は済むようになっていましたが、ライブ演奏となれば4人の呼吸が合わなければどうにもなりませんから。実際にレコーディングの途中でリンゴが一時脱退した事件もあったようです。(1週間で復帰した)

 4人が本当に協力し合いアルバムの制作に全精力を注ぎ込むことができた最後の作品が「サージェント・ペパーズ」だったのではないかと現在では思えるのです。この歴史的傑作を発表したあとリーダー不在のなか「何をやるべきか見当がつかない」精神状態だったのがホワイトアルバムの「わからないので色々やってみました」感として出ているような気がします。

 収録作品は前述のとおり出色のできばえの物が多くあります。はずれが無いとは言いません。明らかに「はずれかなあー」と思える作品もありますがそれを補って有り余るほどの傑作が揃っていて選曲するのが難しいくらいです。

 1 バック・インザ・USSR
 2 オブ・ラ・デ・オブ・ラ・ダ
 3 ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウイープス
 4 ハピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
 5 ブラック・バード
 6 アイ・ウィル
 7 ヤー・ブルース
 8 ヘルター・スケルター
 9 レボリューション1
10 グッド・ナイト

 この辺でしょうか。他にもいい曲が数多く、かなりの範囲の音楽ジャンルを網羅しているので気に入った楽曲が必ず見つかるかと。同時にこのグループの真価はヒット曲のみにないことも実感できると思いますよ。ザ・ビートルズ
ザ・ビートルズ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベスト盤をつくろう(13) 不思議の音楽館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる