小話「リアーナのSOS」

 先日のこと。テレビ神奈川の全米TOP40を見ていましたら気になる曲がかかりました。ビデオクリップを見ただけなんですが順位は30位代の後半でニューエントリーした曲だったと思います。

 最初に歌手名のスペルを読んだときにはリハンナだと思っていましたがアマゾンでいくら検索してもでてこないのでリアンナで更に調査するもやはり不明。その日はあきらめて寝てしまったのですが後日「リアーナだったかも」と思い立ち検索すると見事にヒットしました。あー英語の表記って難しいー。

 さてさてその楽曲はアマゾンで調査の結果「SOS」と言うタイトルなのが判明したのですがビデオクリップで気になったのはもちろんタイトルではありません。

 ひとつは私の錯覚かと思いますけれどもリアーナが安室奈美恵さんに見えたことです。よくよく見れば明らかに別人ですが彼女が沖縄ではなくてカリブ海周辺国で生まれていれば案外あんな感じになったのではないでしょうか?(妄想の域をでていませんか)

 もうひとつこちらのほうが気にかかったのですが「何かの曲に似ている」とも思ったのでした。歌詞からは連想できませんが曲が以前に聴いた何かの曲を連想させました。「サンプリングしているのかな」と番組中ずっと考えていましたが思いついたのは「汚れなき愛」でした。

 ソフト・セルの「汚れなき愛」は82年のヒット曲です。2006年の今となっては大記録ではなくなりましたが当時はTOP100のオン・チャート記録で43週間ランクインしポール・デイヴィスの「アイ・ゴー・クレイジー」(40週間)を抜いて話題になりました。

CDケースから「汚れなき愛」が収録されているコンピレーションアルバムをチョイス(オリジナルアルバムは持っていないので)して早速聴きなおしてみることにしました。

 うーん、似ているような似ていないような・・・。幸い「SOS」のほうは冒頭の番組で4月のエンディング・テーマになっていましたから再度TVの前で確認しましたが「やはり、安室ちゃんににているのでは?」と言う見当違いの結果に終わりました。意味なしー

 ええい、CDに解説が付いているで何かヒントはないかな?と見てみると意外な事実が発覚。この「汚れなき愛」ってカヴァー曲だったんだ・・し、知らなかったー。と自分が解説をまったく読んでいなかったことがたった今判明しました。

 えー、解説によりますと「汚れなき愛」は女性R&Bシンガー、グロリア・ジョーンズ(後のT・レックス、マーク・ボラン夫人)が1964年(!)にL・Aのチャンピオン・レコードに吹き込んだもの・らしいです。知らんわそんなこと!!

すると「SOS」自体はソウルのカヴァーであって「汚れなき愛」のカヴァーではないのかな?!
いや、それ以前にカヴァーでもサンプリングでもないオリジナルである可能性もあるし・・・

 結局、よくわかりません!!だれかたすけて!SOS!!

 お後がよろしいようで


ガール・ライク・ミー(初回限定特別価格)
ガール・ライク・ミー(初回限定特別価格)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック