不思議の音楽館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「SOS」で混乱

<<   作成日時 : 2006/10/15 01:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

 数ヶ月も前の話で恐縮ですがリアーナの「SOS」がビルボード誌の1位に輝きました。最終的に3週連続のトップとなっており自分のお気に入りの曲が大ヒットしたのは大変に喜ばしい限りではありますがチャートアクション的には疑問に感じる点がありました。

 確か1位になる前の週には30位代前半のポジション(32位)で、トップ40入りして4週目でこの順位ですから次週には「さようなら」かという状態だったのですがそこから突然ジャンプアップしたのです。残念ながらこの週は仕事が忙しくチャートをチェックできなかったのでした。

 色々と調べてみましたがどーもデジタルチャートで1位になったのが原因のようです。そもそもデジタルチャートって何?暫くの間ビルボードのチャート集計方法などには関心がなかったのでわかりませんでした。

 それはどうもインターネットからの音楽をダウンロード件数を反映するチャートらしく近年出来たみたいですね。リアーナのホームページの記事を覗いてみたらセカンドアルバムが発売されるまでは所属事務所が「SOS」のダウンロードの許可をしなかった旨記載されていました。

 成る程、それでアルバム発売と同時に順位がジャンプアップしたわけか。インパクトもあるし営業サイドとしても宣伝効果が大きいから戦略的には納得がいきます。

 しかし、こうなってくると今実際にどんな曲がヒットしているのか?言い換えればどんな曲が大衆に受け入れられているのかが分からなくなってきているようにも思えたりしますね。

 ん?まてよ。ポピュラーミュージックとして受け入れられるって何を基準に判断すればいいのかが問われるのかな?ちょっと前だったらレコードが売れているとかラジオで頻繁に流れているとか有線でリクエストが多いとかが判断基準だったと思いますがなんだかだいぶ違ってきたたように感じます。

 新しい判断基準が増えただけじゃない?と考えられれば楽なのですがそうもいきません。例えばマイケル・ジャクソン以前のブラック・チャート、ファンクとかソウル系のアーティストは100万枚単位でレコードが売れていてもチャートには全然反映されていませんでした。

 これはチャート自体がエア・プレイ重視であったのとそれをカウントするラジオ局が白人中心の選曲に偏りがちのラジオ局だったことが原因なのですがミリオンセラーのレコードが一部のラジオ局でかからないからといってポピュラー足りえないかどうかは微妙です。それでも指標が2つのうちは双方である程度の実績が必要なのでレコードが売れているだけではポピュラー音楽ではないと言い切れたかもしれません。では指標が3つになったら?

 ラジオではガンガンかかっているしレコードは売れているかつてのヒット曲が仮にダウンロードゼロの曲があったとすると、若年層に受け入れられていないとも考えられます。つまり全指標で数字を残さない限りポピュラーミュージックたりえないのでしょうか?

 逆にインターネットからのダウンロードが中心でCDがまったく売れない曲でもポピュラーミュージック足りえるのでしょうか?アナログディスクがCDに駆逐されたようにCDが音楽配信に駆逐されるようになるならばCDの売上に関しては考える必要はないのかもしれません。

 先日倒産が報じられた米国のタワー・レコードの前でTVレポーターが感想を求めたところ「音楽を購入するのに何故CDショップにまで足を運ばなければならないのか?」という発言を若者がしている映像を見ましたがこれが倒産の原因だと言いたいのだと思います。ダウンロードするだけで用は足りているでしょと言う訳です。

 この倒産劇も判断が難しいところで確かに音楽配信がCDの売り上げ減少を招いたとは思います。しかし、米国には再販制度がなく、基本的にCD現物は買取である為完売目的に安売りにはしりがちでしかもウォルマートとか一般のスーパーとかにもCDは置かれているので安売り競争は激化せざるを得ないのが実情のようです。こちらも倒産の要因ではありますね

 さて、それではCDはまったく売れなくなったのかといいますとそうではないようですね。日本では30代後半から40代を中心にCDが売れているようですから購買対象がシフトしているようです。この辺をレコード会社は鑑み最近では上記年齢層を対象にしたコンピレーションアルバムを企画販売し生き残りを賭けているみたいです。

 そういえば近所のホームセンター(?)にあるCDショップでもコンピレーションアルバムが置いてありました。たしか「R35」といったタイトルでもろ中高年層をターゲットにした2枚組みで収録曲を確認して購入を検討した気が・・・い、いかん!レコード会社の思惑に踊らされているのでは?

R35
R35

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
R35 アールサンジュウゴ
この連休、遠出するのに、80年代を中心に大ヒットした洋楽(あら、懐かしい響き)を集めたCD「R35 Rock & Pops Super Hits」(アールサンジュウゴ)を携えて行った。 アールサンジュウゴって、35歳未満厳禁、立入禁止って意味らしく、その点なんとなく自尊心をくすぐるものがある。 「オメーラニハ、ワカンネーダロ」とガキンチョには言いたいけれど、けっこうこの頃にはやった曲って、単純な言葉の連呼とワンパターンなメロディの繰り返しが多い。 その意味では含蓄に富むほどの内容もなく、あたしに... ...続きを見る
ぽよ熊さんのテレビ観戦記
2006/11/17 17:58
音楽ダウンロード
とても良いブログですね♪良かったら私のブログも見てくださいね♪管理人さん不要でしたら削除してくださいね。ラジオでかかりそうな音楽♪ ...続きを見る
音楽ダウンロード
2006/12/02 06:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
勝手にトラバしまして、失礼しました。

こちらの文章を読んで、どうやってヒット曲として認められるのか、仕組みがよくわかりました。
ところで、私は乗せられて(?)このCDを買った口です(汗)。結果はとても満足ですが・・・。

でも、本当に久しぶりに買ったCDでもありました。
日本のCDは高すぎるので、買う時は海外で、ということもけっこうあります。
でももっと若い友達は、ほとんどダウンロード専門で、CD購入などあまりしないようですね。
この辺で少し、世代の格差を感じます。
beginners
2006/11/17 18:11
コメント有り難うございます。先月は少々調子を崩してしまいお礼が遅れてしまいました。申し訳ありませんでした。
 フフッ、R35買っちゃいましたか!私はというと・・いまだに迷っております!(←優柔不断)
不思議の音楽館
2006/12/09 17:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
「SOS」で混乱 不思議の音楽館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる