「見つめていたい」ポリス

今年もグラミー賞の季節がやってまいりました。ニュースによりますとオープニングアクトにポリスが演奏するそうです。再結成だと報じられておりましたが解散していたのでしたっけ?

 ポリスといえば代表作は1983年の「シンクロニシティ」でしょう。83年はマイケル・ジャクソンの「スリラー」が大ヒット(ビルボードアルバムチャート年間22週1位)した年でしたが唯一拮抗した実績(同17週1位)を残しており商業的な成功が全てだとは申しませんがあの「スリラー」を向こうに回しての実績だけでも一聴に値すると思います。

 もっともアルバムを聴いてみればバラエティに富んだ楽曲群、しかも捨て曲はなくその完成度の高さには驚かされます。こういった作品を出してしまうと次回作がとても難しくなるといった・・まあ、最高傑作ですよね。

 そんな「シンクロニシティ」の中から1曲選ぶとすると個人的には蝋燭の回廊を走り回るPVの「ラピッド・アラウンド・ユア・フィンガー」なんかもお勧めですがやはり最高の楽曲ならば「見つめていたい」に止めを刺します。 

ジェイムス・テイラーの情緒豊かな詩とボブ・マーレイのレゲエとスティングのジャズの経験が融合してできた曲だという解説を読んだことがあります。出典はビルボードナンバー1ヒット(フレッド・ブロンソン著/かまち潤 監修、音楽之友社)からですがこの一文を読んで成る程なあと感心しました。

 後年、スティングのソロアルバム「ブルー・タートルの夢」やベスト盤の対訳つき解説書を読んでみてかなり知的な人だという印象をうけました。彼自身は肉体労働、教師、役所勤めと数々の職歴を経て音楽業界へやってきただけあってものの見方が多方面から見えるようですし、表現者としてのスキルも相当高いように見受けられます。

 彼が政治的発言を時折するのも一音楽家としてというよりも社会の構成員の一人として発言すべきという教養人としての一面からだと思いますね。思うに頭の中には難しい言葉や思考で溢れており、いわゆる語彙が多くしかも多彩な表現ができる人なのでしょう。

 にもかかわらず、「見つめていたい」に関して言うと歌詞は極めて簡素なのです。語彙が少なくて簡素なのではなく、使用できる言葉は数限りなく多く知識として持っており文法上のレトリックも自由自在に操れるにもかかわらず出来上がった歌詞カードには最小限の言葉しか用いられていないのです。

 おそらく歌詞にして訴えたい事柄は多くあったに違いないと思います。しかし、必要最小限の言葉のみを残し、後は全てギリギリまで削り取ってしまったのでしょう。多くを語らない事で聴き手に想像する余地を残してくれているのではないでしょうか。

曲もまた同様にシンプルな演奏に徹しています。ギタリストのアンディ・サマーズは84年のローリング・ストーン誌のインタヴューで「アルバム「シンクロニシティ」の中で最も演奏が難しかった。精緻に作られたシンセサイザー部分はシンプルに徹するためカットされた」と語っています。

 完成した楽曲は見事なくらい隙がなく余分な物は一切削り落とされ、ただそこに曲があるのみという印象を受けますが非常に造形がはっきりしていて何かを付け加えることは最高の状態を駄目にしそうな感覚にさえとらわれます。

 後年、パフ・ダディがノトーリアスB・I・Gを追悼する「アイル・ビー・ミッシング・ユー」でこの曲をサンプリングしたとき「原曲にあまり手を加わえていない」旨の批判を受けたようですが無理ありません。だって原曲のままが最高の状態なのですからね。

 今年のグラミー賞は日本時間だと12日にWOWWOWで実況中継してくれるようです。生憎自宅では放送を見ることができないのですが「見つめていたい」演奏するのであればを当時のままのアレンジでお願いしたいと思います。いちリスナーの我がままだとは思います。でも、そのままが最高なんだから・・・お願い!



シンクロニシティー
シンクロニシティー

この記事へのコメント

2007年02月12日 08:48
こんにちは!
本当にグラミーに出演するんですか?だとしたらスティングにはぜひPVと同じウッドベースで演奏してもらいたいですねえ。
TBさせていただきますのでよろしくお願いします。
2007年02月12日 12:53
こんにちは、ウッドエイトのマスターさん
ヤフーのニュースで発見したのですが残念な事に確認する術がありません(泣)。今日の午前9時からだったと思うのですが・・無念。
2007年02月12日 23:07
はじめまして!
SNSのあしあとから来ました。
「見つめていたい」は、83年ビルボードシングルチャート年間No1ソングだったんですよね。スティングは、この曲を「とても悲しい時に書いた」と言っています。
PVを観れば、それもうなづけますね。
また遊びに来ます。どうぞ、よろしく!
2007年02月14日 00:36
ゆうさん、いらっしゃいませ。
この83年は洋楽をかなり聴きこんだ年なので思い入れが深いですね。約四半世紀が過ぎましたがこの曲はいささかも輝きを失っていないように思えます
2007年02月14日 00:58
はじめまして。
わたくしめもこのPolice再結成の記事を見て
「え??解散してたのか??」って思いました。
そうそうゆうさんのいわれるとおり
83年の年間ベスト1位ですよね。
それも記憶にあります。
Journeyやデュランデュランを抑えての
1位だったと記憶してます。
2007年02月16日 00:46
しーちゃんさん、こんばんは。
83年といえばマイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」(これも名曲!)も大ヒット(年間2位)しましたね。あと「フラッシュ・ダンス」もこの年でした。

この記事へのトラックバック