60年代のロックアルバム特集

レコード・コレクターズ誌が創刊25周年を記念して年
代別のロックアルバム・ベスト100と言う特集を組ん
でいる。5月号から60年代のベスト100を掲載してい
るのだがランキング好きにとっては非常に興味深い企
画なのでとりあえず揃えてみようと思っています。

5月号は既に購入済みなので60年代の結果は既に
承知済みなのですが少々意外でした。1位がビーチ・
ボーイズの「ペット・サウンズ」とはねえ。

事前の予想ではやっぱなんだかんだ云ってもビートルズの
「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」
がトップで次がローリング・ストーンズの「レット・イット・ブリ
ード」かボブ・ディランの「ブロンド・オン・ブロンド」あたりか
と思ってました。正直ね。

実際は1位が「ペット・サウンズ」2位がディランの「追憶の
ハイウェイ61」(これは惜しかった。ライク・ア・ローリング・
ストーンの影響がここまで大きいとは思いませんでした)
3位はザ・バンド(完全に盲点)の「ミュージック・フロム・ビ
ック・ピンク」でした。

当たらないなあ。ちなみに「サージェント」は7位、「レット」
は4位、「ブロンド」は11位の順でした。まあ、大きくは外
れていないから良しとするか。

ところで60年代を代表するアーティストといえばやはりビ
ートルズなのでしょうがこのランキングで上位に選出され
なかったのは作品が多すぎたせいなのでしょう。

オリジナルアルバムで12作品?ですか。「マジカル・ミス
テリー・ツアー」と「イエロー・サブマリン」の扱いは微妙で
すが・・特に中期から後期にかけて傑作がひしめいている
ので票が割れたみたいです。

それでも全作品がチャートインしているのは流石といわざ
るを得ません。活動期間の長さ(7年位か?)から考える
とこのグループの創造力がいかに傑出していたかが分か
ります。

当月は70年代特集のはずなので購入前に予想をしてみ
ようかと思っています。




1967~1970
The Beatles 1967-1970

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック