「クリムゾン・キングの宮殿」キング・クリムゾン

 今聴いても理屈抜きに凄い作品。今回は1969年に発売されたロックアルバムについての話です。個々の楽曲について思い出を語るのがいつものスタンスなのですがバラバラで説明するのはふさわしくないような気がしますので今回はアルバム丸ごと・・・。

 確か購入のきっかけはアルバムジャケットの帯だったか同包されていたレビューだったか憶えていないのですが「英国でビートルズのアビー・ロードを蹴落として1位になった」というキャッチコピーに興味が魅かれたからでした。

 現在では英国でキング・クリムゾンのデビューアルバムが1位に輝いた云々とういのは眉唾ものなのですがあの「アビー・ロード」を抜いたという言葉は相当にインパクトがありました。ビートルズの最後の作品を上回るというのはどんな音楽なんだろうと興味が湧いたわけです。「アビー・ロード」はビートルズの誇る傑作アルバム群のなかでもベスト3には入る傑作、時には最高傑作といわれるほどの作品なのですから・・。

 さて、購入にあたっての最初の関門は異彩を放つジャケットです。LPサイズのあのジャケットを持ってレジへ向かうには結構勇気が必要です。数あるレコードの中でも一度観たら忘れられない出来ばえですよね。今ではあのでかいLPジャケットを持ち運ばないだけでもハードルは低くなった気はします。

 そして、音楽自体がジャケットのインパクトを遥かに上回る内容でターンテーブルに乗せてからがすごかった。いつ聴いても圧倒されてしまい、とてもグループのファーストアルバムとは思えない出来ばえなのです。

 1曲目はタイトルだけでもインパクトのある「21世紀の精神異常者」です。曲名だけでも相当ですが演奏自体がまたアナーキーというか破壊的パワーに満ち溢れている作品で後年のメタル・クリムゾンの原型がここにあります。何年経過しようがメンバーが変わろうが延々と演奏され続けてゆくことになる楽曲ですね。

 2曲目の「風にかたりて」はクリムゾン加入以前からのイアン・マクドナルドの持ち歌で前の曲とは打って変わってどこかフォークを思わせる叙情的な作品。曲全体に響くクラシカルなフルートの音色が聴き手をクールダウンさせてくれます。

 3曲目はグレック・レイクの熱唱が聞かせる「エピタフ~理由なき行進、明日また明日」。クリムゾンにはピート・シフィールドというメンバーがいるのですが、この人はもっぱら作詞が担当で演奏はしないという珍しい役割を担っていたのでした。その中世的、神秘的、幻想的な詩がここでは大きく貢献。未来への不安のような不思議な揺らぎの感覚を醸し出しています。レイクの名唱が最大の聞き物です。

 ここでアナログ盤ではB面へと進みCDでは4曲目の「ムーン・チャイルド」が始まります。この曲はアルバム全ての曲ののなかで最も夢幻的な作品です。エコライジングされたトーンのヴォーカルと童謡のような歌詞が輪郭の不明瞭な世界の雰囲気を見事に演出しています。この後に「夢、幻想」という歌詞のない部分が続きます。この部分はフィリップ、マクドナルド、ジャイルスのインプロヴィゼーションなのですが結構な長さがあり、当初は即興演奏の部分など冗長に過ぎないと思っていましたが・・・。

 突如(に思える)ドラムスの音で夢幻の世界から引き戻され始まるのがアルバムの最終曲でありタイトル曲でもある「クリムゾン・キングの宮殿」です。ムーンチャイルドで夢の世界のような霧が立ち込めていた状況が一変します。霧が晴れた後に目前に広がる光景はまさしく巨大なる城、壮麗なる宮殿の姿です。

 ここからは中世的な歌詞と曲調から勝手にイメージ・・静かに宮殿の門をくぐり幾重にも連なる大理石の回廊を渡ると広大な中庭が目前に現れます。庭園を駆け抜けると中心部に向かう上りの階段がありました。一歩一歩と歩を進めるとやがてたどり着いたのは宮殿の頂上でした。そして稲妻のごとき突然の幕切れ・・・。

 とにかく聴いてみるとその巨大さにもかかわらず混沌と秩序が組み合わされた構成力というか求心力に引きずり込まれてしまいます。こんなアルバムはほかにはありません(断言)。一生に一度は聴いてもらいたい作品です。


クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)
クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)

この記事へのコメント

2008年03月09日 22:28
こんばんは
このアルバムはジャケット並みに衝撃的でしたね。
1曲目は本当に異常なくらいカッコイイですし、ラストを飾るクリムゾン・キング~も最高ですね。
私もプログレは苦手なほうですが、大好きです。
2008年03月13日 01:04
こんばんは、ウッドエイトのマスターさん。
良かった、同好の方がいてくれて(笑)
難しいだけのプログレは私も苦手ですね。曲が良いのが一番だと思います。

この記事へのトラックバック