不思議の音楽館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「クリスタルの恋人たち」グローヴァー・ワシントンJr

<<   作成日時 : 2008/11/25 01:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「クリスタルの恋人たち」かあ・・・。このタイトル曲
ってどうなのかなあといつも思ってしまいます。確か
に歌詞の中で「クリスタル・レイン・ドロップス」と出て
きますけどねえ。

 実際のところこの曲がヒットした当時のベストセラー
「なんとなくクリスタル」田中康夫著にあやかっただ
けの気がします。

 はっきり言ってJAZZは私にとって少々敷居の高い
音楽だと思っていました。日常接する音楽で特に接
点も無く、志向する人もいないといった状態でしたか
らさもありなんてとこでしょうか。

 そんな状況でしたからサクスフォン奏者のグローヴ
ァー・ワシントンJrなんて名前は聞いたことがありま
せんでした。偏見かもしれませんがサクスフォンって
ジャズ独特の楽器ですものね。

 この曲がヒットしたのは81年の夏ごろでした。ちょう
どキム・カーンズの「ベティ・デイビスの瞳」が9週間1
位だった頃だったのでトップには立ちませんでしたが
堂々の2位を記録しています。

 当時テレビ朝日で小林克也が「ベストヒットUSA」と
いうヒットチャートを紹介する番組をやっていてそこで
この曲を知りました。

 現在では凝ったPV作成が当たり前になっています
がマイケル・ジャクソン以前はPVといえばライヴ映像
が当たり前で下手をするとPVが無いなんてざらでした。

 この番組でもヒットチャートに入った曲のPVを流して
いましたがPVがないものに関してはTVスタジオで曲
をバックにダンサーが踊るだけの紹介なんてのもあり
おもいきり興ざめしたものです。

 この曲は主役がジャズ奏者ということもあり暫くはそ
ういう状態だったように記憶しています。チャートインし
て何週間か経過してからヴォーカルのビル・ウザース
が歌っている映像を見ることが出来たのでした。

 もっとも肝心のグローヴァー・ワシントンJrはさっぱり
正体不明の存在でしたが。

 ともあれ曲が気に入りましたからこの曲のロングヴァ
ージョンが収録されたLPレコードを購入する事にしまし
た。レコード店でアルバムを手にとってみると・・・。

 ジャケットは白地にダークグリーン(に見えた)の背景、
磨きぬかれた金色のサクスフォンとワイングラスが置か
れていて注がれた白ワインが照明の反射で輝いて見え
る・・お・お洒落すぎません?

 アルバムジャケットが予感させるように楽曲の雰囲気
も非常にアダルトな感じ。どの曲も洗練されてサクスフォ
ンのソロなんてエキサイトしているんだけども落ち着き払
っている演奏に聴こえます。

 これは凄いと思いました。だって相反している要素が
何の矛盾も無く融合してるわけですからね。何でそう聴
こえるのかは当時は良く解りませんが(では今は解って
いるのかというと恥ずかしながら解らん!)大人の雰囲
気に痺れたのは間違いなかったように思います。

 CD化されたときも直ぐに購入して何度も聴きました。
夏に聴きことが多かったのは当時の名残でしょう。そん
なわけで聴きすぎてこのCDのプラスチックのカヴァー部
分は駄目になっいます。

 自宅にあるCDでここ部分が壊れたものは2枚しかあ
りませんから非常に良く聴くアルバムなんですねえ。


ワインライト
イーストウエスト・ジャパン
1997-11-25
グローヴァー・ワシントンJR.

ユーザレビュー:
イイこと尽くめの1枚 ...
彼のサックスの完成形 ...
ス〜としました!!2 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「クリスタルの恋人たち」グローヴァー・ワシントンJr 不思議の音楽館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる