不思議の音楽館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ルビー・チューズデイ」ローリング・ストーンズ

<<   作成日時 : 2009/03/09 00:01   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

ビートルズの最大のライバルバンドといえば第一に指を折ら
ねばならないのはなんと言ってもローリングストーンズでしょ
う。多分これには異論はないと思います。

当然、ビートルズを聴いていると様々な角度からストーンズ
の情報が入ります。主に歌詞カードの解説ですが・・。

例えば「アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン」はたまたまスタジオ
に遊びに来ていたジョンとポールがストーンズのアルバム
制作の際に曲が足らなくてその場で仕上げて提供した。

「ノルウェイの森」で使用されているインドの楽器シタールは
ストーンズのブライアン・ジョーンズのほうがテクニックでは
上である(事実は?)

「サージェント・ペパーズ」のアルバムジャケットにミック・ジ
ャガーに檄似のブロンズ象が配置されているとか・結構あっ
たりします。

そんな感じで自然とビートルズ経由でローリングストーンズ
にも興味を抱くようになったのですがはじめて買ったアルバ
ムは「フラワーズ」だったりします。

なんで?普通はシングルの「サティスファクション」かこの曲
が収録された「アウト・オブ・アワー・ヘッズ」かベストアルバ
ムなんじゃないのという疑問はあろうかと思いますが自分で
もよくわかりません。

一つにはアルバムが安かったためと思われます。

当時のビートルズのアルバムは1枚2500円でしたがストーン
ズの作品でデッカレーベルのアルバム(「ステッキー・フリン
ガーズ」以前の作品)は1500円だったのです。

確か中身の解説書も斜めに正方形の切抜きがあってそこか
ら写真が見えるという(書くと説明が難しいですね)結構凝った
つくりでした。

このアルバムの中に「夜をぶっとばせ」というシングル曲があ
るのですが歌詞が過激であった為、ラジオエアプレイになじま
ずB面(今で言うところのカップリング曲)に回されたというエピ
ソードが掲載されていました。

21世紀の今となっては別にどうってことのない詩ですがそこ
は時代背景というものでSEXを連想させる言葉には過剰な規
制がかけられていたのですね。

ちなみにアメリカの有名なTV番組「エド・サリバン・ショー」でこ
の曲を披露した際には歌詞に修正を要求された為、その部分
は口パクで歌ったそうです。

さてAB面が入れ替わったということで元々B面だった「ルビー・
チューズデイ」がラジオから流れることになったのですがあには
からんやこれが大ヒットしてしまいます。

シングル曲でストーンズの8曲あるビルボード1ソングの1曲に
なりました(67年3月1位)。2009年3月現在。

曲は比較的緩やかなテンポでストーンズ独特の強力なリフもなく、
アレンジなんかもフルートを使っていたりしてざわざわした感じの
しないシンプルな仕上がりです。

「あれ?これ本当にストーンズ?」的な曲ですね。キース・リチャー
ズが全然前へ出てこないというと言いすぎかな。

しかしながらあのストーンズのこのマイナー感が意外に新鮮でひ
きつけられるものがあります。

サウンドがシンプルな分だけミック・ジャガーの歌声がしっかり聴
こえるのでそこが気に入ってます。彼らの作品の中でもかなりポピ
ュラー寄りな楽曲だと思います。

現在、CDで聴くならば元々「フラワーズ」は編集アルバムであるこ
とを考えて60年代後半のベストアルバムをお勧めします。2枚組み
の全時代を網羅したものは少々重いかもしれません。



スルー・ザ・パスト・ダークリー(ビッグ・ヒッツVol.2)(紙ジャケット仕様)
ユニバーサル インターナショナル
2006-03-16
ザ・ローリング・ストーンズ

ユーザレビュー:
ストーンズ最高!40 ...
Jumpin` Ja ...
八角形。 1990年 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ローリング・ストーンズ 18
NO.01540 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2010/09/12 19:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております。
ストーンズはベスト盤が山のようにあって、どれがいいのか良くわからなくなりますよね。
ウッドエイトのマスター
2009/03/09 10:19
こんばんは、マスター様。
こちらこそご無沙汰しております。

ストーンズのベスト盤なら何種類も持ってますよ(笑)
最近のでは40リュックスだっけ?あれ買っちゃいました。その後も出したみたいですが・・。
不思議の音楽館
2009/03/09 22:51
再びコメントさせて頂きます。フルートらしきモノは、ブライアン・ジョーンズの演奏なのですが、立て笛のようなモノと本に記述があります。彼は、ギター以外で才能があったように思えます。
恐妻家のミック
2009/03/24 07:43
コメントありがとうございます。
あれはフルートではなかったのですか!?うーん、知りませんでした。そういわれるとちょっと音が高いような気がしてきました。(←お調子者です。すみません)
不思議の音楽館
2009/03/27 00:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ルビー・チューズデイ」ローリング・ストーンズ 不思議の音楽館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる