倖田來未×misono

3月のミュージック・ステーションをたまたま観る機会が
あった。配偶者が録画しているのを何気に眺めていた
のだがコレはいいんじゃないというような曲がありました。

それは倖田來未&misonoによる姉妹デュエット曲「Its
all Love」です。

方やJ-Popの第一線を突っ走る歌手、方やクイズ番組
で人気のバラエティタレント(あくまでイメージ。本職は歌
手らしいが・・・)の組み合わせ。

はじめは姉の人気に便乗した企画路線かと思いましたが
実際に聴いてみると素晴らしい出来ばえのように思えます。
かなりロック・テイストの強い仕上がりですね。

フィリップ・ベイリー&フィル・コリンズの「イージー・ラヴァー」
かドナ・サマー&バーブラ・ストライザントの「ノー・モア・ティ
アーズ」に匹敵する出来ばえといったらほめ過ぎですか。

何処までも高くまっすぐに舞い上がるmisonoの歌声に対し
倖田來未は縦横無尽、変幻自在。妹をサポートする余裕
すら感じます。

このコントラストが妙に気に入ってしまい何度も繰り返して
見るに飽き足らずDVD付きのCDをアマゾンで予約してしま
いました。

発売は3月31日で翌日には自宅は到着してました。アマゾ
ン早っ!PVを試聴しましたが場面の切替が3シーンあり、
ダンスシーンもありとなかなか凝ってます。

感想。悪くはないんだけど曲調からイメージするにライヴで
の映像の方がライヴ感が溢れていて(当たり前だろうが!)
ベターだったんじゃないでしょうか?

個人的にはPVを映像作品として凝ったものにするよりは2人
の掛け合いを中心に据えた映像がもっと見たかったように思
います。

とはいうもののCDを予約して購入するするのは昨年の安室
奈美恵のベスト盤以来のことで内容については価格以上の
ものがあり充分満足しました。

公的な記録だと翌週のオリコンで初登場1位になっていました
が推定販売枚数はなんと7万4千枚!!

CDって売れなくなったって聞いてたけどこれほどとは・・。ダウン
ロード市場があるとはいえ淋しい限りですね。

大丈夫か音楽業界?



It's all Love!/倖田來未×misono[CD+DVD]
Joshin web CD/DVD楽天市場店
品 番:RZCD-46183/B発売日:2009年03月31日発売出荷目安:3~7日NTV系「スッキ


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

2009年04月12日 23:54
こんばんは。いつもブログへのコメントありがとうございます。

自分は倖田來未&misonoは名前くらいしか知りません。以前テレビで見たのですが元々先に売れたのは妹だったみたいですね。今は逆のようですが。

姉妹デュエット曲「It’s all Love」がフィリップ・ベイリー&フィル・コリンズの「イージー・ラヴァー」にに匹敵する出来栄えとのこと、自分も聴いてみたいと思います。
2009年04月13日 23:04
かなやん様こんばんは!
す、すいません。
あくまで個人的主観に基づく感想であって実際のPVでがっかりされましても困ったりするわけで・。(あー、大仰に書かなきゃ良かった!!)
ま、そんなわけで調べたら妹さんはDAY AFTER TOMORROWというバンドのヴォーカルであった事が判明。嫁に自慢げに教えたところ「そんなこと誰でも知っている」と一蹴されてしまいました。

この記事へのトラックバック