「ガール・ライク・ユー」フォリナー

正式には「ウェイティング・フォー・ア・ガール・ライク・ユー」
ですが曲名が長いので日本でシングル発売された時には
「ガール・ライク・ユー」にタイトルが省略されていました。

この曲をはじめてテレビでみたのは「ベスト・ヒット・USA」だ
ったと思います。フォリナーというグループ自体は良く知っ
ていました。

フォリナーはハードな味付けのロックを身上としているので
すがその中にポップな部分を持っているゆえにヒット曲が
多くチャートに名前がたびたび登場してましたからね。

個人的にはルー・グラムの歌声に甘さを感じる(いい意味で)
為だとにらんでいます。違うか?「つめたいお前」、「ダブル・
ヴィジョン」「蒼い朝」とシングル盤が自宅に残っています。

フォリナーはこの「ガール・ライク・ユー」が収録された通算4
作目の「4」を発売する前に主要メンバーのイアン・マクドナル
ドとアル・グリーンウッドが脱退してしまいます。

存続が危ぶまれていましたがミック・ジョーンズ、ルー・グラ
ムら残存メンバーで以前と変わらぬサウンドを作り上げ「4」
を最大のヒット作にしました。

最初のシングル曲は彼らしいハードさに溢れた「アージェン
ト」で今聴きなおしてもカッコいいです。

で、セカンドシングルになったのが「ガール・ライク・ユー」で
した。

およそらしからぬバラードなのですがテレビで見たライヴ・バー
ジョンは恐ろしくシンプルで美しかったように憶えています。即、
レコード店へ足を運び「4」を購入しました。

そんなわけで「4」からシングルカットされた曲はシングル盤とし
ては1枚も購入していません。確か第4弾までシングルカットさ
れたような気がするのですが定かではない・・。

アルバム自体「4」は大ヒット、ビルボードのチャートでも通算で
10週間1位を記録しています。

それも最初に1位になったのが81年の8月で最後の1位が82年
の1月と約半年間に渡ってばかすかと売れまくりました。当時の
雑誌には推定売上500万枚以上と記載されていた様に思います。

その反動からか「アルバムを購入したからシングルはいいか」
というファンが多かったらしく「ガール・ライク・ユー」は2位どまり
に終わったのでした。

それを考えるとリスナーの感覚は日米ともにあんまり変わらな
いという事実に突き当たりますね。

当時1位にオリビア・ニュートンジョンの「フィジカル」(10週連続
1位)がいた為この曲は10週連続2位という名誉なんだか不名
誉なんだか良くわからない記録を打ち立ててしまいます。

しかも「フィジカル」が1位から陥落した週にはホール&オーツの
新曲「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」に抜き去られるという運
の無さです。

最初に聴いたライヴでのヴァージョンならとか発売日をあと1週間
後だったら1位になれたかなーなどと想像してしまいます。

ライヴヴァージョンはキーボードのリフが入るのが遅くなっていて、
ルー・グラムの歌声がほぼアカペラで歌詞の1番分を聴けるのだ。
(証拠無し!記憶のみ!!)

丸々1番の歌詞を終えてキーボードのリフが入り演奏がスタート、
1番の歌詞をもう1回歌うという構成が印象的でした。聴かせます。
でもその映像の動画は見つかりませんでした。残念。


4(紙ジャケット仕様)
ワーナーミュージック・ジャパン
2007-02-28
フォリナー

ユーザレビュー:
紙ジャケでなくても良 ...
さすがフォリナーFe ...
FOREIGNERの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック