第2問は簡単だったが・・

通勤の帰路に9手詰めの詰将棋を解いている。

土曜日、日曜日は電車に乗らないので休みのつもりだったが
あまりにペースが遅いので日曜日に第2問に挑戦。自宅なの
でたたみに寝転がって考えてみた。

この問題は持ち駒が角角銀と利きが似通っているうえ局面が
狭く王手が限定されている。

2ニに打つしかあるまい。

2枚ある角が本線で銀が支線だろう。多分、手順のどかかで
1ニへ捨て駒をして玉の脱出路を阻み、頭から銀を打ち込ん
で終了になるんじゃないか?

数分後、あっさり終了。ほぼ想像のまんまだった。

調子に乗って第3問にも挑戦。が、しばし考えたが解けず月
曜日に回す事にした。

明日頑張ろう・・が、これが甘かった。


将棋世界 2009年 07月号 [雑誌]
毎日コミュニケーションズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック