第4問詰む

6月18日、昨日に引き続いて付録の第4問に取り組む。

4五角に玉がが下がった場合をどうするかが昨日から
の課題だ。

飛車が浮いているので処理をどうするかだが見切るか
紐をつけるかどちらかだろう。

見切っても詰みそうに無いので紐をつけることにする。
重たいが2一金か3ニ金かどちらかだろう。効率からす
ると2段目に打ったほうが良さそうだが・・

1三玉とよろけられてどうか?3三飛成りと王手、そこで
合をされると角の利きだけでは詰みそうに無い。

他で王手をかける手はどうか。大体角が働いていない。
何か使い道があるはずだろう。そうか、捨てれば王手か
かるじゃない。

で、角を捨てて2一飛成りでどう?後が続かないですね。

となるとベタ金かあ。あ、同じ具合に角を捨てると今度は
2段目に飛車が成れるじゃん。玉上がって竜寄れば・・・

詰んでる。やれやれ、約半分の行程で詰みました。週末
までに後1問解きたいが前途は多難だ。




将棋世界 2009年 07月号 [雑誌]
毎日コミュニケーションズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プラダ メンズ

    Excerpt: 第4問詰む 不思議の音楽館/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-09 10:59
  • モンクレール 2014

    Excerpt: 第4問詰む 不思議の音楽館/ウェブリブログ Weblog: モンクレール 2014 racked: 2013-11-25 10:41