「チャイルド・イン・タイム」ディープ・パープル

1970年代のハード・ロックの定番といえばレッド・ツェッペ
リンとディープ・パープルが2大巨頭でしょう。

実際この2グループ以外にはいわゆるハードロック系統の
バンドは知りませんでしたねえ。

個人的に洋楽を聴き始めた頃は70年代の後半もいいとこ
ろでエアロスミスなんかもとっくの昔にデビューしていたは
ずなんだけど音を聴いた記憶がありません。

確か月刊誌のミュージック・ライフに最新アルバム「ドロー・
ザ・ライン」が紹介されていたけど「イラストのジャケットが変
わっているなあ」といった印象を持ったくらい。

批評家がこのアルバムを絶賛しいていたんだけど聴く機会が
無かったんですね。ま、基本的に無かったのは機会ではなく
て金銭的な余裕なんですけど・・。

そんなわけでディープ・パープルに興味があるからといって全
てのアルバムを買い揃える訳にはいきません。

選択を迫られるわけなのですが当時世評に高い作品はという
と「イン・ロック」、「マシン・ヘッド」、「ライヴ・イン・ジャパン」の3
枚が定番。

この中から選ぶのが普通ですが自宅に残っているのは「ハッ
シュ」と「パープル・ロール」の2枚のみ・・?

どうもデビューアルバムから順番に買おうとした意図があった
みたいですかね。明らかに無理なのに我ながらなにを考えて
いたんだか・・。

ベスト盤の「パープル・ロール」はやはり「ハイウェイ・スター」と
「紫の炎」を揃えたかったんだと思います。

ただこのベストは「ブラック・ナイト」や「チャイルド」が収録され
ていないんだよね。



この曲の存在を教えてくれたのは高校の時の同級生でした。
ただ彼は「チャイルド・イン・タイム良いよ」というばかりでレコ
ードを貸してくれるわけではありませんでした。

今日のように動画で気楽に検索も出来ない時代でしたからC
Dの時代になってベスト盤の「デーペスト・パープル」を買いな
おすまで聴いたことが無かったです。80年代も後半の話し。

今日Youtubeで動画を眺めているとハード・ロック化したとは
言え音楽的な主導権はジョン・ロードが握っていたんじゃない
かと想像しちゃいます。

どの動画を見ても間奏部分での導入部がキーボード主体に
なっているように思えるのがその理由。

スタジオ録音盤ではリッチーの天高く飛び続けるようなギター
ソロでしたが動画のライヴだとエレピのソロになってる!

この部分のギタープレイを期待して動画を見るととても残念な
ことになろうかと思います。そこだけがちょっと悔しいよね。


ヴェリー・ベスト・オブ・ディープ・パープル(スーパー・ファンタスティック・ベスト2009)
ワーナーミュージック・ジャパン
2009-04-01
ディープ・パープル

ユーザレビュー:
10代の人にも…自分 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2009年06月25日 06:44
懐かしいですわ、この曲。
私は出会いがライブ・イン・ジャパンだったのでギター全開って感じでしたが、この曲長すぎて途中でよくカセットを早送りしてました。。。、
2009年06月27日 02:03
こんばんは、マスター様。
やはり「ライブ・イン・ジャパン」ですか。
私はCD時代に聴きはじめたので早送りは楽でしたねえ。最後にギターがもう一回唸りをあげるんじゃないかと期待しがちですが・・そのままFinなんですね。
音楽
2009年09月20日 16:11
「ハード・ロックの定番といえばレッド・ツェッペ
リンとディープ・パープルが2大巨頭」
この固定観念が、本当に面白い音楽を探すことを止めてしまって、聴衆の個性を奪うのですが
この頃にヤンチャしてたバンドでひときわ目立ってたのがその2バンドってことで、それに順位を決めたら、、
何でしょ、ホント一位二位とか好きですよね日本人。

あと、このバンドの主導権について
このバンドは各パートの技量、バランスがとても均整とれた職人肌のバンドってイメージがします。
二期にして貫禄があり、安定してる。
各パート、俺が俺が、みたいなところもなく、調和を大切にしてます。
このTV放送では3曲演奏が残ってるのですが、それぞれのパートは持ち場を非常に楽しんでいます。
ただ、この時のリッチーは長い演奏に浸るより、マイクスタンドにギターこすりつけたり。
そっちに走っちゃってるだけで、とにかく暴れてます。
話によると、アルバム「インロック」を発売して間もない、宣伝の為のTV出演だったとか。
主導権云々、そんな下らない次元ではなく、兎に角はじけたかったんだと。

あと、「音楽」の仕方でよく有名アーティストのベストを買う人がいますが、クラッシックと同様に、その時代背景、どうしてそういう音楽を発表したのかとか。
そんなの関係なく、当時騒がれた曲を詰め込んで何度も売り出しちゃえ的な企業側の都合CDなので、そういうモノを買うっていうのは
「音楽」をしたいんじゃなくて、横好きになりたいだけかと僕は解釈します。
2009年09月21日 22:14
こんばんは、音楽さま♪
コメント有り難うございます。

ディープ・パープルの件は知らない事実が多かったので参考になりました。
 それからベスト盤ですが私のCD棚を眺めていると「的を射ている」とお答えするよりありません。いやー、下手の横好きだな、この品揃えは。

この記事へのトラックバック