不思議の音楽館

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ラヴ・ユー・インサイド・アウト」ビー・ジーズ

<<   作成日時 : 2010/01/13 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

明けましておめでとうございます。

今頃かよ!といった突っ込みもあろうかとは思いますが一
応挨拶をしておかねば新年の話をするのも何かと思います
のでご容赦の程を・・。

さて新年も10日以上経ちましたがそんな気分にはならない
のが現状です。

年末は30日まで仕事でしたし、31日は臨時出張所へ行き、
2日は自分がそこで仕事、4日には仕事始めと通常の月末
とあんまり変わらなかったからでしょうか。

そういえば初詣にも行ってなかった・・。

そんなわけで外出もあんまりしてなかったんですが昨日近
所の大型スーパーへ出かけました。

そこにはCD店が入っているのですが店頭の試聴盤コーナ
ーにビー・ジーズのベストを発見しました。ビー・ジーズのベ
スト盤は何作か既に発売されていて私も1枚もってたりします。

今回のはタイトルが「アルティメット・ベスト」と言いまして集大
成のようですね。2枚組みだし。

実は店頭で見たのは昨日が初めてですがアマゾンでは「お
勧め」で輸入盤(米)で紹介されていて発売自体は既に認識
済みで収録曲はチェックしてはいました。

そのときは「収録曲は納得できる水準だが、ベストはもう
持っているし、メロディ・フェアーが入っていないので購入
は控える」という感じだったのです。

しかし店頭にて日本語での曲名を見ていてちょっと考えが
変わったんですね。

と言うのも、私が所有するCDには「ラヴ・ユー・インサ
イド・アウト」が収録されていないと言う欠点がありこち
らには収録されているからです。

ご存知のようにビー・ジーズのヒットチャート上における
頂点は70年代の後半から80年代の初頭です。

アルバムで言うと「メイン・コース」の付近からディスコを
自らの音楽に取り込み、独自のダンス・ミュージックを創
造することで時代を席巻したと認識しています。

「サタデイ・ナイト・フィーバー」から3曲連続でナンバー1
ソングを出した大成功の後、オリジナルアルバム「失われ
た愛の世界」からも3曲連続1位に輝いています。

これはそれまでのシングルチャート上での連続ナンバー1
記録を塗り替えるものでまさしくチャートの頂点に立った観
がありました。

これ以降ビー・ジーズがチャートの上位をにぎわす事はあ
りませんでしたから最後に1位になったこの曲は栄光の残
照と言ったところでしょうか。

さてこの曲はナンバー1ソングのわりに地味なせいかあん
まり印象にありませんでした。憶えていたのはタイトル名の
サビの部分だけだったのです。

そんなわけで店頭で早速DISC1の12を選択、聴いてみました。

すると曲の頭の部分は「フィレーズが頭から離れないが曲名が
わからない曲」の一曲だったのです。そうかビー・ジーズの曲だ
ったのかと納得。

それにしてもこのファンクぽい出だしがさびに繋がるとは思わな
かった。同一曲と気づかないわけです。

聴いてみた印象は「比類なきサウンド」(?)。単にディスコとかフ
ァンクとかの範疇に留まらない、POPにしても少々特殊な「これぞ
ビー・ジーズ」という高品質な音に聴こえるから不思議。

リマスターもされているようだし購入して全部聴き直そうかなどと
考える今日このごろなのです。

しかもジャケットを良く見たら日本盤にはボーナストラッ
クとして「メロディ・フェアー」が収録されていていたりするし・・


アルティメイト・ベスト・オブ・ビー・ジーズ-デラックス・エディション
ワーナーミュージック・ジャパン
2009-11-11
ビー・ジーズ

ユーザレビュー:
懐かしい自分の青春時 ...
特典DVDの映像は最 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ラヴ・ユー・インサイド・アウト」ビー・ジーズ 不思議の音楽館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる