80年代のベストアイドルソング(2)

レコードコレクターズ(以下レココレと略)11月号の特集
「80年代日本の女性アイドルソングベスト100」の順位
予想をしてみようと思う。

まずは自称レココレ歴数十年の職場の先輩S氏へ電話
を入れてみた。

「レココレのアイドルソング特集?80年代編?うーん、
小泉今日子じゃない?曲は「なんてったってアイドル」
じゃないかな」

なるほど、確かに曲名もそのまんまだし順当かもしれま
せん。しかし、そんな単純な結末でいいのだろうか?

よくよく考えてみると80年代の女性アイドル歌手ってどの
辺までが対象になるのだろうか?といった疑問もありウィキ
などで調べてみた。

結果、80年からデビューした松田聖子あたりからWINKの
あたりまでかなりの広範囲みたいですねえ。

80年には松田聖子、河合奈保子、柏原芳恵らが81年には
松本伊代が、豊作と言われた82年には中森明菜、小泉今日
子、石川秀美、堀ちえみ、早見優らがデビューしています。

TV・映画方面からは薬師丸ひろ子、原田知世、菊池桃子、
斉藤由貴、南野陽子、浅香唯らがいました。

もう十分な気がしますが加えておニャン子クラブ及びそこから
のソロデビュー組の新田恵理、国生さゆり、河合その子、工藤
静香など多種彩々ですね。

あと80年代の終わりにはWINKも登場していますか・・・。

予想難しすぎ。

あくまでイメージだけど80年代の女性アイドル世界は松田
聖子と中森明菜の2人を中心に回っていたような気がする。
ちょっと離れて小泉今日子が3番目?あくまでイメージね。

ですがレココレの特集はアイドルソングだから曲を選ばな
くてはならない。ヒット曲多数の歌手は票が割れそうな感じ
がします。

するとアイドル歌手だけど代表的な曲が1曲しかないとい
う人のほうが有利かなあ?

楽曲の良し悪しはどう評価されるのだろうか。いや、そもそも
アイドルソングに楽曲の良し悪しに基準を求めるべきなの
だろうかと言う疑問もあるし。

例えば中森明菜「難破船」は個人的には傑作、とてもよい
楽曲だと思いますがアイドルソングかと問われると素直に
YESとは言い難いものがあります。

アイドルソングと謳っている以上は選者がそれっぽくない曲
は選ばないのではないでしょうか。あとは世間のイメージな
んかも勘案して・・・(試行錯誤中)

結果。

1位 「赤いスイートピー」松田聖子
2位 「少女A」中森明菜
3位 「なんてったってアイドル」小泉今日子
4位 「C-GIRL」浅香唯
5位 「ハロー・グッバイ」柏原よしえ
6位 「恋一夜」工藤静香
7位 「セカンド・ラブ」中森明菜
8位 「青い珊瑚礁」松田聖子
9位 「センチメンタル・ジャーニー」松本伊代
10位「夏色のナンシー」早見優

次点は「淋しい熱帯魚」にしておきます。さてさて、どーゆー
結果になるかな?ちょっと楽しみ。

 
レコード・コレクターズ 2014年 11月号
ミュージックマガジン
2014-10-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レコード・コレクターズ 2014年 11月号 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック