「愛はかげろうのように」シャーリーン

会社の都合で長い夏休みをもらったが給料日前であること、
自宅に猫がいるので遠出ができない等の理由により特に
することがありません。

で、YOUTUBEを眺めていたのですが80年代の曲を続けて
みていたら欄外のおすすめに「歌詞付」の表示がある動画
を発見。軽い気持ちで見たのですが・・・

実は歌詞のほかに対訳も付いていまして当然それも見なが
ら曲を聴いていたのですが「あれ?こんな内容だったっけ?」
と思ったので書いときます。

曲名は邦題がついていて「愛はかげろうのように」。今思うと
秀逸なタイトルでレコード会社の洋楽の宣伝担当者のセンス
がずば抜けていたとしか考えられません。

日本人の歌手もカヴァー(椎名恵など)していてそこそこヒット
しているので曲を聴けば「ああ、聞いたことがある」「曲は知っ
ている」クラスの洋楽と言えます。

シャーリーンのヴァージョンは77年にプロディガル・レコード
からで発売され同年に米で最高位97位と振るわない結果
が残っています。

曲自体は前年にロン・ミラーとケン・ハーシュ(モータウンの
ライターチーム)のによって書かれメアリー・マクレガーとか
他の歌手もカヴァーしているようです(WIK参照)

初出は恵まれませんでしたがその5年後の82年のこと。

スコット・シャノンというDJがラジオでこの曲をかけたところ
リスナーから好反響がよせられ、彼女はモータウンと再契
約することになります。

今度は曲の中間部に語りを入れ再録音して発売。これが
大ヒット(米82年5月に3週連続3位、英82年6月1位)しまし
た。

更に日本では86年に化粧品メーカーのTVCFのイメージ
ソングとして使われ再ヒットしているので邦人カヴァーと
あわせて知れ渡っているわけですね。

で、本題なんですが、この曲って結婚式でよく聞いた様な
記憶があるのですが歌詞の内容を考えると使ってもよか
ったのかなとちょっと考えてしまいました。

ネットを検索。やはり同じ考えの人もいますね。

「米国では高級コールガールが自分の人生を振り返って懺悔
する内容の曲」「結婚式で使うなんてありえない」と紹介してま
した。成程。

でも実際には結婚式で聞いたのも事実。理由は

1 メロディが琴線に響く。テンポもキャンドルサービスや入退場
  に適している。
2 ちりばめられた結婚式向きの単語が多い(パラダイス、
  モンテカルロ、シャンペーン、ニース等)
3 シャーリーンの清潔感があり語りかけるような歌声が厳粛な
  儀式(結婚式など)にあっている
4 基本的に日本人には英語がわからない


などが考えられます。

まあ、歌詞の問題ですから4が決定的な要因なんでしょう
けれど英語がまるで駄目な私が言うのもなんですがやっぱり
BE動詞の部分でしょうね。

曲のさび部分にはBEENという動詞があります。この部分が
日本ではメジャーな英語の動詞として普段の日本語での会
話中で使われてないのが原因ではないかと思うのです。

英語はもっともメジャーな外国語なので会話中に頻繁に出てき
ます。普通に「レッツゴー」だの「ドライヴに行く」等もはや英語
を意識せずに使っているレベルでしょう。

つまり、意味を熟知して使っている。逆に日本語会話中に出て
こない単語はまず意味が分からないってことではないかと?

会話にISとか剥き出しのBEとか出てこないいですから特に気に
はならないのではないかというのが推測です。どうでしょう。

Ive been to paradise But Ive never been to me と言うこの曲の
急所の意味が一聴してわからなければ気にはならないんじゃ
ないですかねえ。普通分からんと思います。

そんなこんなで結婚式には不向きと思われた紹介をしましたが
それでもなお「使用しても問題なし」とも思えるんだよね。

歌詞を眺めるに夫や子供のいる女性に向かってのメッセージが
込められているでしょ?「途方もない夢を追いかけるな」とね。
身近なところに幸せはあるのだと。

この曲の語り手は心地よさを追求しそういう選択をし続けた、
自由であるために。しかし結果、一人きりだと。楽園にいたこ
とはあっても未だ理想は実現していないとしています。

自分に起こった結果としての不幸を貴女には繰り返してほしく
ないという戒めソングとして結婚式にはある意味で向いてはい
ると思いますが・・・

どうでしょうかね?

実は私の結婚式にもこの曲を使っちゃってるんだよね

教訓は生かされているのでしょうか?さて?

愛はかげろうのように
ユニバーサル ミュージック
2015-11-04
シャーリーン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 愛はかげろうのように の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック