「チャイルド・イン・タイム」ディープ・パープル

1970年代のハード・ロックの定番といえばレッド・ツェッペ リンとディープ・パープルが2大巨頭でしょう。 実際この2グループ以外にはいわゆるハードロック系統の バンドは知りませんでしたねえ。 個人的に洋楽を聴き始めた頃は70年代の後半もいいとこ ろでエアロスミスなんかもとっくの昔にデビューしていたは ずなんだけど音を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第4問詰む

6月18日、昨日に引き続いて付録の第4問に取り組む。 4五角に玉がが下がった場合をどうするかが昨日から の課題だ。 飛車が浮いているので処理をどうするかだが見切るか 紐をつけるかどちらかだろう。 見切っても詰みそうに無いので紐をつけることにする。 重たいが2一金か3ニ金かどちらかだろう。効率からす ると2段目に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

9手詰第4問

例によって将棋世界の付録をバックに入れ電車へと乗り 込む。 待ち時間の合い間に今日の問題を見る。ひと目「難しそう 」だ。盤面が広く使われていて、特に上部が広いのがわ かる。苦手といえる配置だ。 とりあえず発車、初手は3筋の飛車は動かせないから持ち 駒の金か角のどちらかを打つ一手だろう。 角を打つなら敵飛の利きが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

詰め将棋に挑戦中

将棋世界7月号の付録、9手詰「伊藤果に挑戦」に挑戦中 だがいまだに3問目の途中だ。 6月16日は終業際に荒天の影響で落雷があり会社中の電 源が落ちてしまった為、復旧作業に時間がかかり帰路につ いたのはほぼ午後10時だった。 だが、昨日の続きをやらねばなるまい。 さて、4五角に馬合いしたところでは技はかからなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クロスロード」クリーム

エリック・クラプトンはいまだ現役でそのキャリアは長い。 ヤードバーズ在籍から数えると少なくとも40年以上が経 過している勘定だ。 しかしそのキャリアは常に栄光に包まれていた時代ばか りではありませんでした。 音楽業界では様々な危険な誘惑があります。良く知られ ているのは薬、いわゆるドラッグとアルコール、酒ですね。 …
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

詰め将棋は難しい

6月15日月曜日、始発駅にて第3問に挑戦する。 この問題だと玉が3四に出られるともう捕まらないので必 然的に初手は限られるだろう。 1ニから4五のラインに角を打つしか手が浮かばない。効 率を考えるとA、1ニ角これが本線でB、4五角が支線だ。 思考ルーティン、A1ニ角と打てば寄るか下がるしかない けど、寄る方は2一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2問は簡単だったが・・

通勤の帰路に9手詰めの詰将棋を解いている。 土曜日、日曜日は電車に乗らないので休みのつもりだったが あまりにペースが遅いので日曜日に第2問に挑戦。自宅なの でたたみに寝転がって考えてみた。 この問題は持ち駒が角角銀と利きが似通っているうえ局面が 狭く王手が限定されている。 2ニに打つしかあるまい。 2枚ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1問なんとか正解へたどり着く

6月12日、前日解けなかった詰め将棋に再度挑戦する。 本線の1三角と4一飛は既に渋滞している。支線も考えたが芳しく ない。しょうがないので限定的に形から考えてみようか。 ボックスシートに足を投げ出して局面を眺めてみる。 とりあえず上部へ逃がすとつかまらないのは解った。具体的には 1三角の状態で2三玉の形になると2四…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詰め将棋を試してみた

将棋世界7月号を購入したら付録に伊藤果作の9手詰作品集が付録 になっていた。 伊藤果に挑戦とタイトルは勇ましいが9手詰めは解いたことは無い。し かし、通勤電車の帰りは暇なのでやってみる気にはなった。 タイムトライアルとあるが時間を計るほど早く解けるとは思えない。 全問不正解もしくは全問あきらめるという結末もありうるが何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ベティ・デイヴィスの瞳」キム・カーンズ

キム・カーンズといえばこの曲が代表曲だと思う。それで ちょっと人物について調べてみたりすると本業がカントリ ー・シンガーだったりするのだ。 いや、まったく知らなかったわけではありません。例えば カントリーの大御所であるケニー・ロジャーズとデュエット していたりしますから有る程度の予備知識はありました。 「荒野に消えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ステイン・アライヴ」ビージーズ

数ヶ月前のCFだったと思いますが聴きなれたイントロが TVから流れてきました。ホンダのオデッセイだったかな。 直ぐにビージーズの「ステイン・アライヴ」だとわかりまし たが残念なことに歌声が始まる前に映像は終了したの でやはり著作権上の問題かなあと推測していたのです。 以前にソフトバンクのCFで楽曲の使用許可が得られな …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッテ Fit's ダンスコンテスト

ロッテのガム「フィッツ」新発売のキャンペーンでダンス コンテストが開催されています。 YOUTUBEにて参加者の動画を見ることが出来ます。賞 金が100万円とあって参加する人も老若男女を問わず 多数ありますが良く考えたら優勝要件はなんだったっけ? 動画のヒット数ならば女子高生のこの作品なんだけど・・・ 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ガール・ライク・ユー」フォリナー

正式には「ウェイティング・フォー・ア・ガール・ライク・ユー」 ですが曲名が長いので日本でシングル発売された時には 「ガール・ライク・ユー」にタイトルが省略されていました。 この曲をはじめてテレビでみたのは「ベスト・ヒット・USA」だ ったと思います。フォリナーというグループ自体は良く知っ ていました。 フォリナーはハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

噛むんとにゃんにゃん?

何気にテレビを見ていたら不思議な歌声のCFに遭遇した。 「のーぞ、のーぞ、のぞみぃ、カムントニャンニャンニャ ンニャニャンコニャン♪」なにコレ? だいたいCFなんだから商品のコマーシャルのはずだが 何のCFなのかが解りません。印象に残るという点では 成功しているとは思いますが本末転倒ではなかろうか。 意味不明のも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倖田來未×misono

3月のミュージック・ステーションをたまたま観る機会が あった。配偶者が録画しているのを何気に眺めていた のだがコレはいいんじゃないというような曲がありました。 それは倖田來未&misonoによる姉妹デュエット曲「Its all Love」です。 方やJ-Popの第一線を突っ走る歌手、方やクイズ番組 で人気のバラエテ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビートルズのデジタルリマスター盤

洋楽のブログを眺めていたらbiglobe事務局の記事の中 に気になる見出しが・・。 「2009年9月9日、ザ・ビートルズの全オリジナルアルバ ムが21世紀に最高の音質でよみがえる!」 こ、コレは事件ですよ!とうとうこの日がくるんだ! 「LOVE」が発売された時に「こんなしょーもないアルバム に携わっている暇があっ…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

大人のロック2009年春号

3で割り切れる月は雑誌「大人のロック」の発売月だ った。すっかり忘れていました。 この雑誌は多分30代から50代をターゲットに編集さ れているので特集するアルバムや登場するアーティ ストが60年代から80年代を中心になっています。 よってあまり若い日と向きではないので「大人の」と 形容しているのですね。そんなわけで個…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

惜別の詩

週末の金曜日、送別会があった。 今回の人事異動は2人、同一支店に勤続37年、36年 のコンビが電車で1時間の支店へ異動だそうだ。 二人とも昇進なしなのでご栄転というわけでもなく揃っ て初転勤だとのこと。希望していたわけではない事は 明白、あと5年で定年ですからね。 午後6時開始、この日は晴天だった事もありお店は大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒業ソング

3月といえば卒業のシーズンですね。学生に限らず社会人 であってもちょうどこの時期が異動・転勤・退職が多いので はないかと思います。 月末の金曜日には送別会が多いので居酒屋は満杯で予約 を取るのに苦労します。忘年会の時期と違うのはスーツ姿に 花束を抱えた人を良く見かけるところでしょうか。 毎年この時期になると音楽業界で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ストレンジャー」ビリー・ジョエル

なるべく笑顔でいることを心がけてはいる。 それは不機嫌な容姿を露呈することは自分自身が不機嫌で あるというマイナスだけではなく周囲にも更にマイナスを伝染 させてマイナスを二重に増幅させてしまうから・・だから人は 明朗に振舞うべきとの信念があるからだ。 なーんてボビー・マクファーレンの「ドント・ウォーリー・ビー・ハ ッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more