テーマ:洋楽

「追憶」バーブラ・ストライザンド

https://youtu.be/OLl2HD3enKE 平成もあとわずかで終了。新元号の令和となるわけです が一応、平成に記憶に残った楽曲をご紹介してみたい と思います。 と綴っては見ましたが、最近になって「いい曲だな」と認識 した楽曲なので発売はだいぶ前、平成どころか昭和の頃 の名曲です。 今回ご紹介するのは「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レット・イット・ビー

今朝の話、いつものように朝は「めざましテレビ」が我が 家の定番、当然のごとくめざましじゃんけんには参加す るのが習慣化している。 普通はじゃんけんなので勝敗はランダムなのだが3問目 はクイズになっていて知っていれば必勝だ。 本日の3問目について配偶者から「答え分かる?」と聞 かれた。残念なことにちょうど起きてきたばか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「愛はかげろうのように」シャーリーン

会社の都合で長い夏休みをもらったが給料日前であること、 自宅に猫がいるので遠出ができない等の理由により特に することがありません。 で、YOUTUBEを眺めていたのですが80年代の曲を続けて みていたら欄外のおすすめに「歌詞付」の表示がある動画 を発見。軽い気持ちで見たのですが・・・ 実は歌詞のほかに対訳も付いていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「テイク・イット・イージー」イーグルス

3月も中旬となると何気に情緒不安定気味なのにゃ。 にゃらん♪じゃらん♪・・などとふざけてはみたものの何 となく気持ちは落ち着かない。 学生は卒業、旅立ちの季節なのでこの感じはご理解い ただけると思う。 社会人的には定期異動の時期なのでそろそろと思われ ている人たちにとっては身の処遇が気になる今日この 頃である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ティアーズ・イン・ヘヴン」エリック・クラプトン

「今日も雨が降ってるね」と配偶者が言った。 偏西風の蛇行で日本の上空に雨雲が長らく留まっているら しい。テレビで天気予報士が言っていたよ。 「去年も大雨だったよね」 そうか、「涙の日」から1年たったんだ。 あの日届いたCDは未だに聴いていない。 待望のライヴアルバムだったのだが。 エキサイトする会場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイングス・オーヴァー・アメリカ

 年明けくらいだったと思いますがアマゾンからウイングス のロックショウがブルーレイで発売になる旨の告知がメー ルされてきました。 内容はとみるとウイングス・USAライヴの映像作品みたい。 一瞬、「これは買いか」と思いましたが収録曲がライヴ盤に 比べて少ないようです。 もともとこのアルバムはアナログで3枚組、CDでも2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハート・オブ・グラス」ブロンディ

よくCF曲は知っている曲なんだけど何のCFだったのか 思い出せないことがあります。 テレビからブロンディの「ハート・オブ・グラス」が流れて いて「ブログでちょっと取り上げようかなあ」と思いました が商品名が思い出せない・・ 数日かかって確認しましたところトヨタの「アクア」という 車のCFでした。 何色かのパステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラヴ・ミー・ドゥ」ビートルズ

去る10月5日の話なのだが英国のリバプールにて1600 人がビートルズの「ラヴ・ミー・ドゥ」を輪唱しギネス記録が 塗り替えられたらしい。 従前の記録はアメリカにて800人程度とニュースキャスタ ーが言っていたので2倍の人数で記録は更新されたわけだ。 「リヴァプールだからゆかりのビートルズの楽曲を選択した のだろう」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウイズ・オア・ウイズアウト・ユー」U2

基本的なイメージはアイルランドの出身と言う出目もあっ てかかなり政治色とかメッセージ色の強い楽曲を歌うバ ンドだと思っていました。 まあ、歌詞の内容とかそこから考えられた曲の邦題とか が頭のどこかに残っていたためだと思うのですが初期の 作品からのイメージはそんなところでした。 もともとポップ志向の私といたしましてはあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

へヴィ・ローテーション

へヴィ・ローテーションと言ってまず思い浮かぶのは20 12年現在、AKB48の同名曲であろう。 あれはあれで良い曲だとは思いますが今回のお話には 関係ありません。純粋にラジオで曲がかかる頻度の話です。 「大人のロック」という音楽雑誌があります。 季刊ものなので年に2回発行されておりその内容は文字通 り60年代から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ユー・ルック・トゥナイト」エルトン・ジョン

個性というのは隠しがたいものです。 例えは変かもしれませんが、五木ひろしがモノマネで他人 の歌をいかに上手く歌ったとしてもそこには五木ひろしの 味が出てしまうものです。 ちょうど栗田貫一がなにを歌っても細川たかしに聞こえて しまうが如く・・これはちょっと違うか。 歌手には独特の歌いっぷりがあるって話なんですが代替…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バンド・オン・ザ・ラン」ポール・マッカートニー&ウイングス

ポール・マッカートニー&ウイングスの「バンド・オン・ザ・ ラン」デラックス盤DVD付き(初回限定)が発売になると いうメールがアマゾンから入ったのは10年の春先でした。 ここのところアマゾンからのお勧め音楽アイテムは旧譜の リマスター盤とか紙ジャケットシリーズとか豪華BOXセット とかが多いような気がしますがいかがなもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「すべてをあなたに」ホイットニー・ヒューストン

ホイットニー・ヒューストンさんが亡くなられたそうです。 ニュース番組での報道によると現地時間の午後3時過ぎ宿 泊先のホテルにて心肺停止状態で発見され病院へ搬送され たものの死亡を確認したとのこと。 死因は不明とのことですが近年は薬物の中毒に悩まされて いたという記事を見かけましたからひょっとして急性の心疾 患か何かな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤盤・青盤が到着しました。

アマゾンへ注文は入れてあるものの今日は所用があっ て午前中は出かけなくてはならなかった。ま、そんな早く には到着しまいという読みだったが・・。 午後、家へ戻ると郵便受けに佐川急便の不在通知が入っ ていました。こんな時に限って早いぜアマゾン!(もっとも アマゾンはいつも早っ!) 速攻で運転手さんに電話を入れました「この…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

赤盤・青盤のリマスター?!

アマゾンからメールが届いていました。 それによりますとビートルズの赤盤、青盤がリマスターさ れて10月18日に発売になるそうだ。 どうしたものか? あんまり日にちも無い事だし・・今回は見送るべきか迷う ところですねえ。 うーん、ビートルズのマニアやフリークの方々でしたら即決 で購入するところなのでしょうが一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プログレッシヴ・ロック(書籍)

バイオハザード4の攻略動画を眺めてるうちに6月が終わ ってしまった。まあ、よくあることか・・ないか? そんなわけで先月はほぼブログに手をつけずにおりました。 音楽関係では6月だったので「大人のロック」が発売され ましたが購入は見送りました。 一応、書店にて内容を見てみたんですがビートルズ関係 の記事も少なく今回はパス…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「見つめてほしい」フィル・コリンズ

洋楽を一番良く聴いたのは1980年の前後5年間ぐらいでした。 76年くらいから86年ぐらいの10年間だったと思います。 ちょうどロックミュージックが全盛期からやや翳りを見せ始めた 頃でしょうか。 ツェッペリンが「プレゼンツ」の後暫くアルバムを発売せずパー プルからはリッチーが抜けてフロイドは新作がいつ出るんだか 見当…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「デンジャラス」マイケル・ジャクソン

久々にログインしてみると既に前回より2ヶ月近く経過し ている事が判明した。 もう5月なの? 新着記事の最新号に至っては3ヶ月近く更新なしか・・・。 ストーンズの曲でのブログが悪戦苦闘中(しかも未だに未 完だ)とは言え怠慢すぎますかねえ・・。 気を取り直しまして最近耳にするというか試聴する機会が 増えた音楽媒…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「アビー・ロード」の売却

正確にはアビー・ロード・スタジオの売却話です。 英国のファイナンシャルタイムスが配信元みたいですが当 然(原文は英語の為)読めないのでネットその他で関連記 事を読んでみました。 総合すると音楽産業大手のEMIが所有するアビー・ロード・ スタジオをブランドごと売りに出されているようです。 会社の経営不振によるものだ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

「プリティ・ウーマン」ロイ・オービソン

最近気になる洋楽といえばロイ・オービソンの「おお、プ リティ・ウーマン」(邦題はこう書くらしい・・)です。 確か最初にこの曲を聴いたのはヴァン・ヘイレンのカヴ ァーだったように記憶しています。 83年にベストヒットUSAかソニー・ミュージックTVのヴィ デオ・クリップだったように思うんだけど・・。 念のためアマゾ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アローン・アゲイン」ギルバート・オサリバン

英和辞典を引かなくなってしばらく経ちますが「シンクロ ニシティ」は「同調」という意味だったと思う。 シンクロナイズドスイミングの演技から連想できるのでま あ間違いではなかろう。 今回は気分に同調する曲についての話なのですが簡単 に言ってしまえばブルーな気分の時に聴きたい曲です。 不思議なもので悲しい気持ちの時に明…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ラヴ・ユー・インサイド・アウト」ビー・ジーズ

明けましておめでとうございます。 今頃かよ!といった突っ込みもあろうかとは思いますが一 応挨拶をしておかねば新年の話をするのも何かと思います のでご容赦の程を・・。 さて新年も10日以上経ちましたがそんな気分にはならない のが現状です。 年末は30日まで仕事でしたし、31日は臨時出張所へ行き、 2日は自分がそこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「悲しみのバラード」エルトン・ジョン

ブログについては自分で書いてはいるものの圧倒的に他人 の記事を見て回ることが多い。 自分で書くのは大変だし第一ブラインドタッチが出来ないの で異常に時間がかかるのだ。 3年以上も続けているのに一向にタッチスピードが上がらな いのでネット上を見て回るほうに傾くのは自然の流れといえ よう。 そんなわけで休日にはあち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「狂ったダイヤモンド」ピンク・フロイド

1973年に発売したアルバム「狂気」の圧倒的な大成功はグルー プの次回作に対してメンバーに大きなプレッシャーとなッたであ ろうことは想像に難くありません。 録音に9ヶ月を費やし恐るべき完成度を誇る前作に対して新作に ついては身の回りにある日用品を使って音楽を生み出そうとする 試みが最初は行われたようです。 「完成度」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春の傷あと・・みたいな?

タイトルは「青春の傷あと」だがジョン・クーガーのヒット 曲(82年)をもじっただけで別に心がが傷ついたとか言 うわけではない。 まあ、傷つくような年でも有りませんが・・・。 先日、寝入りばなに右足に痛みがありました。いや、結 構痛かったのです。 寝ぼけた目で自分の足を見ると赤いラインが2本走って いました。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ビートルズ特集

「ビートルズ特集」と新聞のテレビ番組表には確かに書かれ ていました。 日曜日の夜、自宅に戻って確認しました・・朝読んだはずで したがまったく気づかなかったんだよね。 夕方、実家には午後5時過ぎくらいに行ったのです。 ちょうど両親から居間のテレビを地上デジタル対応のテレビ に買い換えたと聞いていたのでザッピングして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビートルズ人気は不滅

ビートルズのデジタルリマスター盤が9月9日に発売になり ます。 ネット上なんかでも発売まであと何日何時間といったオリン ピック並みに過熱しているようですが現実の世界でもやはり ヒートアップしているみたい。 土曜日の産経新聞だったと思いますが囲み記事にこのリマ スター盤発売の記事が出ていました。 それによりますと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「愛するデューク」スティービー・ワンダー

全盲でありながらモータウンレコードに見出されデビュー。 1962年には「フィンガー・ステップス第2番」でビルボード の頂点を射止めた男。 20代になった70年代には自らをプロデュースし「トーキン グ・ブック」、「インナーヴィジョンズ」、「ファースト・フィナーレ」 の3部作でグラミー賞を独占。 ポール・サイモンが「…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「ベスト・オブ・マイ・ラヴ」イーグルス

イーグルス初の全米ナンバー1ソング。アルバム「オン・ ザ・ボーダー」よりシングルカットされた作品です。 エモーションズによる同じタイトルの曲が後年ヒットします がそれとは別物です。 さて、このイーグルスにとってサードアルバム「オン・ザ・ ボーダー」は重要な分岐点になった作品です。 従来4人組であったグループのメン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「エボニー&アイボリー」ポール・マッカートニー&スティービー・ワンダー

音楽史上屈指のメロディメイカーであるポール・マッカー トニーと盲目の天才クリエイター、スティービー・ワンダー の共演。 ちょっと考えられないくらいの豪華な顔合わせでした。 この前年には「エンドレス・ラヴ」でライオネル・リッチーとダ イアナ・ロスのデュエットがありましたが明らかにこちらの 方が役者が上かと思います。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more