テーマ:ビートルズ

レット・イット・ビー

今朝の話、いつものように朝は「めざましテレビ」が我が 家の定番、当然のごとくめざましじゃんけんには参加す るのが習慣化している。 普通はじゃんけんなので勝敗はランダムなのだが3問目 はクイズになっていて知っていれば必勝だ。 本日の3問目について配偶者から「答え分かる?」と聞 かれた。残念なことにちょうど起きてきたばか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラヴ・ミー・ドゥ」ビートルズ

去る10月5日の話なのだが英国のリバプールにて1600 人がビートルズの「ラヴ・ミー・ドゥ」を輪唱しギネス記録が 塗り替えられたらしい。 従前の記録はアメリカにて800人程度とニュースキャスタ ーが言っていたので2倍の人数で記録は更新されたわけだ。 「リヴァプールだからゆかりのビートルズの楽曲を選択した のだろう」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤盤・青盤が到着しました。

アマゾンへ注文は入れてあるものの今日は所用があっ て午前中は出かけなくてはならなかった。ま、そんな早く には到着しまいという読みだったが・・。 午後、家へ戻ると郵便受けに佐川急便の不在通知が入っ ていました。こんな時に限って早いぜアマゾン!(もっとも アマゾンはいつも早っ!) 速攻で運転手さんに電話を入れました「この…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

赤盤・青盤のリマスター?!

アマゾンからメールが届いていました。 それによりますとビートルズの赤盤、青盤がリマスターさ れて10月18日に発売になるそうだ。 どうしたものか? あんまり日にちも無い事だし・・今回は見送るべきか迷う ところですねえ。 うーん、ビートルズのマニアやフリークの方々でしたら即決 で購入するところなのでしょうが一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アビー・ロード」の売却

正確にはアビー・ロード・スタジオの売却話です。 英国のファイナンシャルタイムスが配信元みたいですが当 然(原文は英語の為)読めないのでネットその他で関連記 事を読んでみました。 総合すると音楽産業大手のEMIが所有するアビー・ロード・ スタジオをブランドごと売りに出されているようです。 会社の経営不振によるものだ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

ビートルズ特集

「ビートルズ特集」と新聞のテレビ番組表には確かに書かれ ていました。 日曜日の夜、自宅に戻って確認しました・・朝読んだはずで したがまったく気づかなかったんだよね。 夕方、実家には午後5時過ぎくらいに行ったのです。 ちょうど両親から居間のテレビを地上デジタル対応のテレビ に買い換えたと聞いていたのでザッピングして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビートルズ人気は不滅

ビートルズのデジタルリマスター盤が9月9日に発売になり ます。 ネット上なんかでも発売まであと何日何時間といったオリン ピック並みに過熱しているようですが現実の世界でもやはり ヒートアップしているみたい。 土曜日の産経新聞だったと思いますが囲み記事にこのリマ スター盤発売の記事が出ていました。 それによりますと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビートルズのデジタルリマスター盤

洋楽のブログを眺めていたらbiglobe事務局の記事の中 に気になる見出しが・・。 「2009年9月9日、ザ・ビートルズの全オリジナルアルバ ムが21世紀に最高の音質でよみがえる!」 こ、コレは事件ですよ!とうとうこの日がくるんだ! 「LOVE」が発売された時に「こんなしょーもないアルバム に携わっている暇があっ…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

ア・デイ・イン・ザ・ライフ

日曜日、朝刊を広げると一番下の段に死亡広告が出ていた。お通夜は今日の午後6時から葬式は同じ会場で月曜日の午前11時からとなっていた。今日は休日だから良しとして明日はどうするべきか?仕事を休むべきだが休暇の関係で職場に人数が足りない。休暇予定者に変更をお願いするのがベストだが日曜日とあって連絡が取れずお手上げだ。さて。どうすべきか・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」ビートルズ

「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」 はしばしばビートルズの最高傑作とか歴史的金字塔とか 言われるアルバムです。  実際のその通りなのかどうかは評価が分かれるところで すがロックミュージックにとってエポックメイキングとなった 作品である事は間違いありません。  そんな重要作品の最終曲、グランド…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ビートルズのプライスダウン

 このところCDを購入するのはもっぱら通信販売のアマゾンに頼っている。いきおい街のレコード店からは足が遠のく事になっているのであるがこれは非常によろしくない事に最近気づかされました。  先日、近郊の大型ショッピングセンターにあるCD販売店へ立ち寄ったのですがビートルズの「赤盤」と「青盤」が2700円で販売されているのに気づいたので…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ザ・ビートルズ1967-1970「青の時代」の真実

 11月中旬の休日の午後、最寄の書店を探索していると音楽雑誌のコーナーに毎度購入している雑誌の背表紙を見かけました。  それは「大人のロック」と言う雑誌で日経BPから季刊で発売されているR35的な音楽雑誌です。ブログでも何回か言及したような気もします。  で、季刊なので3月、6月、9月、12月と年4回の発売なのですが11月に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ヘイ・ジュード」ビートルズ

 ビートルズのグループとしての活動期間は約7年くらいですがその間に200曲ほどの楽曲を録音し幾多の名曲を世に送り出しています。もっとも有名な曲は多分「イエスタデイ」でしょう。高校時代の音楽の教科書にも掲載されていましたから世の中で一番知られた作品だと思います。 勿論ビートルズの名曲と言えば他にも色々な作品を挙げる事が出来ます。「ヘ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

60年代のロックアルバム特集

レコード・コレクターズ誌が創刊25周年を記念して年 代別のロックアルバム・ベスト100と言う特集を組ん でいる。5月号から60年代のベスト100を掲載してい るのだがランキング好きにとっては非常に興味深い企 画なのでとりあえず揃えてみようと思っています。 5月号は既に購入済みなので60年代の結果は既に 承知済みなのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「LOVE」ビートルズ

 11月の下旬だったと思いますが朝の番組を見ていましたら司会者がやや興奮気味にビートルズの新作が発売されるという話をしておりました。発売前にようやっと番組内でその一部を紹介できるということで特集を組んだようです。  音源については外部に漏れないように厳重に取扱いこの日は発売日の数日前になってようやく一部公開になった日だったみたいで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「パストマスターズ1」コレクターの心理

 シングルヒットがある程度たまってからアルバムをリリースしたり、ベストアルバムを組める分だけのシングルレコードを発売していれば躊躇なくベスト1とかシングルセレクションズを発売するのをよく見かける今日ですが大変ありがたい話ですね。    ベスト盤が発売されるパターンとしては当該アーティストが急死したとかグループが解散したときがひとつの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「赤盤」「青盤」のお話

 ビートルズのベストアルバムと言えば「1」が発売されるまではこの2作品の事でした。通常あまりよく知らないアーティストの作品を購入するとなれば「知っている曲が入っている」アルバムか名の通った作品、いわゆる最高傑作の類の購入をまず検討するのが常道でしょう。お金を無尽蔵に使えるのなら話は別ですが月に3000円の身分とあらば損は避けねばなりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベスト盤をつくろう(16)

「アビー・ロード」編  20世紀最大のロックグループが最後に放ったモンスターアルバム。最高傑作に推す人も多い正真正銘最後の録音作品。発売は69年の9月なので70年4月発売の「レット・イット・ビー」の方がカタログ上後ですが録音自体は「アビー・ロード」が69年7月、「レット・イット・ビー」は69年1月のため近年の解説本では紹介順がかつ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ベスト盤をつくろう(久々)

「レット・イット・ビー」編  ビートルズの公式カタログ上では最後のアルバムになります。グループの最終作品にふさわしく中身は「ホワイト・アルバム」以上に統一感が無く崩壊していくグループのメンバー関係の悪化がよーくわかる出来ばえとなっています。日本では最も売れたアルバムになっているのは作品に内在する寂寥感みたいなものが民族の琴線に触れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベスト盤をつくろう(15)

「イエロー・サブマリン」編  のっけから恐縮ですがこの作品はオリジナルアルバムの一枚とカウントしても良いのかどうか微妙です。確かにカタログには掲載されていますがカヴァー曲の割合が多かった初期の作品群に比較してもオリジナル曲が少なすぎるように思います。  更にあえて難癖をつけますとオリジナルソングも未発表曲が数曲であとはすでに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベスト盤をつくろう(14)

「マジカル・ミステリー・ツアー」編  主演テレビ映画のサウンドトラック盤です。米国では日本と同様のアルバムとして発売されましたが本国の英国ではEP盤2枚組み(?。私にも分かりません)豪華ブックレット付きで販売されたようです。  映画自体はマネージャーのブライアン・エプスタイン氏の死後、初の大掛かりな仕事として取り組んだものの…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ベスト盤をつくろう(13)

「ホワイト・アルバム」  前作のアルバムジャケットとはうって変わって極限までシンプルに徹した真っ白なジャケットに通しのナンバリングのみ。それゆえに正式タイトルは「ザ・ビートルズ」ですが通称「ホワイト・アルバム」と呼ばれています。もっともこちらのほうが今では有名になってしまいましたね。  「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベスト盤をつくろう(12)

「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」  アーチストには全盛期もしくは絶頂期といった時期が存在します。これはアーティストが人間であること、すなわち寿命がある=必ず死亡する・活動をやめるときが来るのが必然ゆえどこかに最高の時代が存在するわけです。するってーと、なにかい?グループには全盛期は無いのかい?てなことに…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ベスト盤をつくろう(11)

 「リボルバー」編  ビートルズのアルバムと言えばおしなべて評価が高い作品が多いかと思います。2004年にアメリカの音楽業界誌「ローリング・ストーン」がロック生誕50周年を記念して特集したグレイテストアルバムズ500の上位100枚内に8枚ランクインさせていますので客観的にもそういうことにしておいてください。  ちなみにこのロ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ベスト盤をつくろう(10)

ラバー・ソウル」編  4人は「アイドル」から脱却しアルバムをアーティストとして発表するようになったと言える記念碑的な作品ですね。前作のなんとなく存在した妙なぼんやり感が姿を消し、一曲一曲が私にはすっきりとした印象に感じられます。曲調に明暗はありますが作り手の意思がはっきり伝わってくると言えばいいのでしょうか?  演奏能力の向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベストアルバムをつくろう(9)

「ヘルプ」編  昔はあんまり好きじゃなかった食べ物が今は好きになったとか、絵画館でそれ程感心しなかった名画に最近興味を示すようになった経験はありませんか?私は以前はまったく興味のなかった音楽分野、まあジャズとか浪曲なんかにも関心を示すようになりました。これも年齢的なものなのでしょうかね。ある程度時が流れると以前とは違う目線でものを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベストアルバムをつくろう(8)

「ビートルズ・フォー・セール」編  読んで字のごとく「売らんがための」作品集に思えました。実際のところそうだったようですが、それにしてもストレートすぎませんか。フォーセールなんてね。  ま、そんな思い込みやオリジナル曲が少ないといった不満もありましてアナログ盤のときは購入してはいません。CD化されて初めて全曲をきくようになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベストアルバムをつくろう(7)

「ア・ハード・デイズ・ナイト」編  邦題「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」、初の主演映画サントラ盤です。個人的にはオリジナルアルバムの中で最高の作品と考えており、これからCDを購入するのであれば真っ先にお勧めします。佳作がとても多い作品だとおもいます。  一般的にビートルズの傑作、名作の類と言えば「サージェント・ペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベスト盤を作成しよう(6)

「ウイズ・ザ・ビートルズ」編  有名な「ハーフ・シャドウ」ジャケットのセカンドアルバムです。アメリカでのデビューアルバム「ミート・ザ・ビートルズ」と同じやつですね。ただ、曲目がだいぶ違っていてこの英国盤には「抱きしめたい」等のヒット曲が入っていません。  私がビートルズのアルバムを集めはじめたのは中学生のころからで、その当時はま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビートルズのオリジナルベスト盤を作成(5)

「プリーズ・プリーズ・ミー」  デビューアルバムから重要曲を検討してみました。幸いなことに自宅にはCDがあります。気になる曲といえば 1 プリーズ・プリーズミー 2 P.S・アイ・ラヴ・ユー 3 アスク・ミー・ホワイ 4 アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼアー の4曲です。  1は英国での初のヒット曲ですからはず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more